乳児湿疹ケアナビ > おすすめベビーローションBEST5

おすすめベビーローションBEST5

ベビーローションの多くは乳液タイプです。たまに化粧水タイプのさっぱりしたベビーローションやクリームに近い固めのテクスチャーのベビーローションもあります。

おすすめはお肌に必要な潤いと油分をバランス良く補える乳液タイプベビーローションです。

また、値段的には500円~3000円くらいの価格帯が多くなっています。
ベビーソープよりはml当たりの単価は少し高いの一般的です。

正直、どんなタイプのベビーローションを選んでも何もケアしないよりは間違いなくお肌は保湿されます。

お肌を乾燥させない、つまりお肌の保湿は健やか肌でいられるための必須条件とも言えます。
保湿ケアはお肌に潤いを与えるだけでなく、お肌の保護にもつながり、肌トラブル予防の観点ではとても重要です。

ですが、保湿さえできれば何でも良いというのであれば、これほどに多くのメーカーがベビーローションを開発されないでしょうし、乳児湿疹で悩むママやパパもこれほど多くないはずです。

保湿の質やベビーローション自体のお肌への負担もベビーローション選びでは大切となります。

そのため、赤ちゃんのお肌にやさしく、「水分」と「油分」のバランスの取れたおすすめベビーローションBEST5を乳児湿疹ケアナビがランキング形式でご紹介いたします。

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

販売店を見る

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

ドルチボーレミルキーベビーローションは同シリーズのベビーソープと同じくベースの水には非加熱天然水の天使の希水、そして別名シリカと呼ばれるミネラルのケイ素を配合しています。乳児湿疹のような肌トラブルはできてからケアするよりも肌トラブルが起こらないように毎日のベビースキンケアで赤ちゃんのお肌を健やかな状態に保ちましょうという考えに基づいて作られており、お肌の水分と油分のバランスを整え、バリア機能をサポートするために、セラミドやヒアルロン酸ジメチルシラノールといった保水成分、潤いを逃がさないために皮脂に似た成分である馬油やシアバターを配合しています。赤ちゃんのお肌への優しさを考え、お肌への負担となる成分は無添加で作られています。赤ちゃんからお年寄りまで乾燥対策としての保湿ケアにおすすめのベビーローション。

ドルチボーレミルキーベビーローションのお勧めポイント

  • 合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、フェノキシエタノール、旧表示指定成分、アルコール/エタノール、シリコーンの8つの無添加
  • お肌への優しさはもちろん、水分と油分のバランスを整えるためにセラミドやヒアルロン酸などの保水成分、馬油やシアバターといった保湿成分を配合
  • 赤ちゃんの乾燥対策だけでなくママのハンドケアや妊婦さんの妊娠線予防対策、お年寄りのお肌の保湿ケアなどにもおすすめ。

公式通販でもっと詳しく見る

ベビーローション マドンナ

販売店を見る

ベビーローション マドンナ

ベビーローションマドンナはオーガニック成分を90%も配合したオーガニックにこだわったベビーローションです。配合成分も14種類ととてもシンプルであるだけでなく、ベースとなる水にはオーガニックアロエベラ葉水を使用しています。天然モモ葉エキスが赤ちゃんのお肌に潤いを与え、天然馬油とオーガニックシアバターがお肌の潤いを閉じ込めて逃しません。シンプル成分なので赤ちゃんのお肌への負担も軽減されており、赤ちゃんのお肌を優しくしっとり肌へ導きます。

ベビーローションマドンナのお勧めポイント

  • 全成分が14種類ととてもシンプルなベビーローション
  • ベビーローションの大半を占める水にはオーガニックアロエベラ葉水を使用し、赤ちゃんのお肌を潤しながら健やかな状態に保ちます。

エトヴォス ベビーローション

販売店を見る

エトヴォス ベビーローション

エトヴォス ベビーローションはセラミド化粧品で有名なだけあって、お肌に存在するセラミドに構造が近いヒト型セラミドが4種類配合され赤ちゃんのお肌の潤いをしっかりとキャッチしてくれます。さらにヒアルロン酸やアミノ酸といった天然保湿因子が配合されており、潤い溢れるベビーローションとなっています。シアバターやメドウフォーム油が潤いを閉じ込め、赤ちゃんのお肌を健やかに保ちます。

エトヴォス ベビーソープのお勧めポイント

  • セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱといったヒト型セラミド配合
  • お肌に存在する天然保湿因子でもあるヒアルロン酸やアミノ酸、PCA-Naなど潤いを保持する成分が配合。

ネオベビー ベビーローション

販売店を見る

ネオベビー ベビーローション

ネオベビー ベビーローションは油分と水分の2層に分かれているので振って混ぜ合わせてから使うシェイキングローションです。素材は食べられるものを!というこだわりを持って作られたベビーローションが赤ちゃんのお肌に潤いをもたらします。使用しているハーブエキスは有機JAS認定の自社農場で栽培されたもの。スクワランやホホバオイル配合でお肌しっとり。

アロベビー ミルクローション

販売店を見る

アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローションはAmazonや楽天市場で大人気の国産オーガニック原料を配合したエコサート認証を取得したオーガニックベビーローションです。植物エキスがお肌に潤いをもたらし、赤ちゃんのお肌を健やかに導き、ホホバオイルやシアバターがお肌の潤いをしっかりと閉じ込めます。赤ちゃんのお肌を潤いのあるもちもち肌へと導いてくれます。

ベビーソープと同様、ベビーローションも薬ではありませんので、乳児湿疹を治すことはできません。

ですが、乳児湿疹は乾燥やダメージなど弱った状態のお肌にできやすい肌トラブルです。

新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹といった乳児湿疹やとびひやアトピーにはお肌の常在菌バランスの乱れも関わっています。

通常であれば、腸内細菌でいうところの善玉菌のような表皮ブドウ球菌、アクネ菌のような日和見菌、腸内細菌でいうところの悪玉菌である黄色ブドウ球菌などがバランス良くお肌に棲みついていますが、お肌の状態が悪化すると黄色ブドウ球菌が急増し、バランスが崩れてしまいます。

お肌には潤いを保つのに役立つセラミドなどがありますが、セラミドが失われると、お肌の水分保持ができなくなり乾燥してしまい、セラミド不足が深刻化するとお肌の皮脂分泌が過剰になるなどお肌の状態に変化が表れます。

表皮ブドウ球菌は皮脂をエサとして増えるとされていますので皮脂分泌というのは適度に必要ですが、過剰な皮脂は毛穴を塞ぎアクネ菌の増殖にもつながりますので、やはり「適度」であることがポイントです。多すぎても少なすぎてもダメなのです。

ベビーローションに含まれるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどがお肌のセラミドやヒアルロン酸にとって代わることはありませんが、ベビーローションによってお肌に潤いを与え、オイル成分などで表面を覆うことでお肌の保護と保湿効果の持続に役立ち、弱った状態のお肌が健やか肌へと立て直すサポートとなります。

乾燥を放置していると「お肌への負担が大きくなる」「お肌の常在菌のバランスが崩れる」など肌トラブルが起こりやすい肌環境へと悪循環を招きますので、しっかりとベビーローションで保湿ケアをしてあげましょう。

ベビーローション自体も成分によってはお肌への負担となりえることも忘れず、しっかりと配合成分を見て選ばれることをおすすめします。

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

おすすめベビーローションBEST5

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.