乳児湿疹ケアナビ > 乳児脂漏性湿疹の症状とやっておきたい対策

乳児脂漏性湿疹の症状とやっておきたい対策

乳児脂漏性湿疹は乳児湿疹の一つで赤ちゃんの肌トラブルとしてよくみられる症状です。

脂漏性湿疹自体は赤ちゃんだけでなく、大人や特にお年寄りにもよくできる湿疹です。
ですが、赤ちゃんの場合と大人とでは原因が異なります。

赤ちゃんの場合は、「乳児」という言葉を付けて、乳児脂漏性湿疹と呼ばれることが多いです。

新生児ニキビと同様、過剰な皮脂が原因となるため、
生後3ヶ月くらいまでの皮脂分泌が過剰な時期によくできる湿疹でもあります。

ここでは乳児脂漏性湿疹の原因や症状、
そして対策法についてご紹介していきますので、参考にしてください。

乳児脂漏性湿疹の原因は?

乳児脂漏性湿疹の原因となるのは皮脂の過剰分泌です。
過剰な皮脂とマラセチアという真菌(※カビの一種)が関わって起こる湿疹とされています。

ただし、大人に起こる脂漏性湿疹の多くは生活習慣やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって皮脂分泌が多くなり、またお肌に常在しているカビのバランスが崩れ増殖するといったことが原因となっていますが、
赤ちゃんの場合は、単に成長過程にあって未熟な毛穴に皮脂が詰まりやすく、汗などと混ざって汚れとなり乳児脂漏性湿疹となるケースが多いようです。もちろんそこにカビが関わって症状がひどくなるケースもあります。

赤ちゃんの皮脂分泌が生後3ヶ月くらいまで過剰となる原因は、
ママの胎内にいた頃に受けていたホルモンの影響によるものであり、異常なことではありません。

原因に関して完全に解明されているわけではなありませんので、
新生児の時期の過剰な皮脂と、お肌に常在するカビが関わっているという認識だけは持っておきましょう。

乳児脂漏性湿疹にはどんな症状が表れるの?

乳児脂漏性湿疹ができる箇所は基本的に皮脂分泌の多い箇所となっており、眉周辺、おでこ、ほっぺ、そして頭となっています。

症状としては、黄色いかさぶたのようなものができたり、カサカサしたフケのようなものができたりします。

大人の脂漏性湿疹と違ってかゆみはほとんどなく、見た目では区別のつきにくいアトピー性皮膚炎と区別する際に痒みのあるなしがポイントとなることがあります。

乳児脂漏性湿疹がのちにアトピー性皮膚炎に変わっていくというケースもあるようですので、注意が必要です。

ご家庭でできる乳児脂漏性湿疹の予防&対策とは?

まず、乳児脂漏性湿疹の原因となる過剰な皮脂分泌はママのホルモンの影響を受けてのことなので、強制的に取り除くことができません。

過剰な皮脂分泌は時間とともに解決していくものなので、焦っても仕方ありません。
ほとんどの赤ちゃんは生後1年以内に乳児脂漏性湿疹が治まるとも言われています。

では、原因が取り除けないので何もせずに待っていればいいのでしょうか?

もちろん、ご家庭でできるケアはあります。
それは、分泌された皮脂をそのままにしないことです。

つまり、拭いたり洗ったりしてお肌を清潔な状態に保つようにしてあげることです。

特に赤ちゃんをお風呂に入れる際にはしっかりとお肌に優しいベビーソープを使って過剰な皮脂汚れを洗い流してあげましょう。

洗浄力が強すぎると皮脂を奪い過ぎ、より皮脂の過剰分泌を招く恐れがありますので、適度な洗浄力のベビーソープを選びましょう。

かさぶたが気になっても無理して剥がすことはしないようにしましょう。
無理に剥がすと繊細な赤ちゃんのお肌に傷がつき、症状が悪化する可能性があります。

かさぶたにはベビーオイルやオリーブオイルなどをあらかじめ馴染ませておくと、入浴時に無理なくはがれやすくなります。

痒みはない場合が多いですが、引っかくことのないように、念のため赤ちゃんの爪は切っておいてあげるとより良いと思います。

そして、大切な事はなんでもかんでもご家庭のケアでなんとかしようとは思わないことです。
症状がひどい場合には病院で診てもらい、薬で症状を抑えるなどの対応も必要となります。

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

乳児脂漏性湿疹の症状とやっておきたい対策

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.