乳児湿疹ケアナビ > 新生児ニキビの原因と症状と予防対策

新生児ニキビの原因と症状と予防対策

ニキビで悩むのは大人だけではありません。
赤ちゃんにもニキビはできます。

乳児湿疹の一つであり、生後3ヶ月未満の新生児に特にできやすいことから
新生児ニキビと呼ばれています。

新生児ニキビができるメカニズム(原因)や症状、予防対策・ケア方法についてご紹介します。

新生児ニキビができるのはどうして?

ニキビは赤ちゃんだけでなく、大人でもできるのでニキビの原因について知識のある方も多いと思います。

大人ニキビは食生活の乱れや、ストレス、睡眠不足、不規則な生活、生理などによるホルモンバランスの乱れ、運動不足、肌に合わない化粧品など色々な要因によって皮脂分泌が過剰になり、皮脂が毛穴に詰まり、皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖して炎症などを起こすといったメカニズムになっています。

このように大人ニキビの場合はいろんな要因が考えられますし、複数の要因が重なっているケースも多々あります。

ですが、赤ちゃんの場合は皮脂の過剰分泌が原因ではあるのですが、その理由は一つです。

赤ちゃんはママのお腹の中にいる時にへその緒を通じてママのホルモンの影響を受けています。

そのママのホルモンの影響が産まれてしばらくの間は続いていて、
その影響によって過剰な皮脂分泌が起こります。

ですが、ママのホルモンの影響がおさまってくれば、自然に過剰な皮脂分泌も落ち着いてきます。

その期間がだいたい生後3ヶ月くらいと言われています。

個人差もありますので、2ヶ月でおさまる場合もあれば、4ヶ月くらいかかる場合もあります。

体のどの部分にどんな症状が出るの?

できやすいのは顔の「おでこ」「ほっぺ」の部分ですが、ひどい場合は顔全体にできたりしますし、体も皮脂分泌が多い部分にはできます。

症状は大人ニキビと同じで、ブツブツができて、ひどくなると炎症を起こします。

新生児ニキビは汗疹(あせも)やおむつかぶれとは違って痒みがない乳児湿疹です。

痒みがないのは赤ちゃんにとって負担は少ないですが、
炎症が悪化すると痛みは生じます。

大人の方も赤ニキビといわれる赤く炎症を起こしたニキビの場合は触るだけで痛いですよね。

赤ちゃんの場合も症状などは基本的に大人ニキビと同じです。

新生児ニキビの予防対策やケア方法は?

新生児ニキビは時間とともにニキビの原因となる皮脂分泌がおさまっていくので、
生後3、4ヶ月を乗り切れば自然と解消されていきます。

ですが、スキンケアの範囲内で予防対策やケアを行うことで、新生児ニキビができにくい健やか肌に導くことはできます。

皮脂の過剰分泌がニキビの原因となりますので、
余分な皮脂を取り除いてあげるケアが基本となります。

赤ちゃんの肌が皮脂でテカテカしていると思ったら濡れたガーゼなどで拭いてあげると良いでしょう。水で油である皮脂を落とすことはできませんが、拭いてあげることによってある程度拭き取ることは可能です。ただし、拭くと言ってもゴシゴシと拭くのは赤ちゃんのお肌を傷つけることになりますので、当てるように拭いてあげましょう。

そして、新生児ニキビ予防対策で最も大切なのが、
入浴時にしっかりベビーソープやベビー石鹸で余分な皮脂を洗い流してあげることです。

大人ニキビ対策でも洗顔の大切さはよく言われていますね。

この際に気を付けるのは洗い過ぎ、皮脂の落とし過ぎです。
皮脂はお肌に必要なものなので、落とし過ぎるとよくありません。

不足した皮脂を補おうと身体が反応してより過剰な皮脂分泌につながる可能性があります。

ベビーソープやベビー石鹸を選ぶ際には
お肌の潤いを守りながら洗い上げてくれるようなものを選ぶのがおすすめです。

また、汗対策を行うのも新生児ニキビケアにおすすめです。
汗や皮脂は雑菌の繁殖を招きやすくなり、お肌への負担となります。

汗もこまめに拭き取ってあげると良いでしょう。

お肌をなるべく清潔に保ってあげてください。

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

新生児ニキビの原因と症状と予防対策

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.