乳児湿疹ケアナビ > 赤ちゃんの汗疹(あせも)の原因と症状と対策

赤ちゃんの汗疹(あせも)の原因と症状と対策

赤ちゃんに汗疹(あせも)ができやすいのはどうして?

名称からわかるように汗疹(あせも)は汗によって起こる湿疹です。

大人でも汗疹ができる方はいらっしゃいますが、
赤ちゃんの方が圧倒的に汗疹(あせも)になりやすいのです。

それはどうしてかといいますと、
赤ちゃんの方が汗っかきだからです。

赤ちゃんが汗っかきな理由、それは、
小さな体に大人と同じだけの汗の出る穴(汗孔:かんこう)があるからです。

それだけ赤ちゃんのお肌には汗孔が密集しているということになります。

大人でいうとじんわりとかいただけの汗が、
赤ちゃんの場合だと汗でびしょびしょといった状態になります。

汗っかきなだけでなく、赤ちゃんの場合は、
暑い時に自分で服を脱いだり、エアコンの温度を下げたりといった調節ができません。

それにかいた汗をタオルやハンカチなどで拭き取るということも赤ちゃんはできないわけです。

汗疹はのできる原因・メカニズムについてははっきりとわかってはいないようですが、
汗腺内で汗が詰まってしまうことや、皮膚表面にたまった汗によって肌に常在している菌が増殖することが原因ではないかといわれています。

いずれにしても、汗をそのままにしていることが汗疹につながりやすくなりますので、
汗っかきで、自分で気温調節や汗を拭くなどができない赤ちゃんは汗疹ができやすくなります。

汗疹(あせも)は体のどこにできやすく、どんな症状?

あせもは体のどの部分にできやすいのでしょうか?

多いのはおしりやその上の部分です。
おむつをしていると汗で蒸れやすいですし、ギャザーの触れている部分などにできやすいとされています。

また、背中も寝ている最中に汗が溜まりやすく汗疹ができやすい部位です。

他にも首まわりや、膝うら肘うらなども汗が溜まりやすいので注意が必要です。

症状については、
実はあせもとひとことで言っても、
大きく3種類あります。

1種類は日本ではほとんどないようですが、深在性汗疹というものがあります。

多いのは他の2種類で、水ぶくれのような白い湿疹となる水晶様汗疹と、赤い湿疹である紅色汗疹です。

そして、あせもの症状の特徴として痒みがあります。

乳児湿疹の中でもやはりかゆみを伴う湿疹はやっかいです。
赤ちゃんは痒いと我慢することはできません。
知らず知らずに搔いてしまい、症状がどんどん悪化して「とびひ」となるケースもあります。

どのように汗疹(あせも)ケア・対策をすればいいの?

まずはあせもができないようにお肌を清潔に保つことが最も大切です。

そのためには、拭く・洗うをこまめに行ってあげましょう。
拭いたり・洗ったりする際に使うものや拭き方・洗い方にこだわりましょう。

まず、拭くのは濡れガーゼや体拭きにも対応したおしりふきなどを利用します。
拭くというより当てるという感覚で行いましょう。
ゴシゴシ拭くのはお肌への負担となってしまいます。

洗う際には、一日一回はお肌に優しいベビーソープでしっかりと洗い流してあげてください。
それ以外で洗い流す場合にはベビーソープなどは使用せずにぬるま湯でサッと洗い流してあげましょう。

お肌を清潔に保つことは大切ですが、洗い過ぎて皮脂を奪い過ぎるのもよくありません。

汗疹ができてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

もちろん、上記で説明したケアはあせもの予防対策としてだけでなく日々のスキンケアとしておこなってあげてください。

ですが、できてしまった汗疹そのものの炎症を抑えるためには薬などが必要となります。
痒くてどうしても掻いてしまう場合にはかゆみを抑える薬なども必要になるかもしれませんので、
病院で診察してもらいましょう。

赤ちゃんが掻きむしってもなるべく肌に負担をかけないように赤ちゃんの爪は切ってあげましょう。

大切なことはあせもができてから対処するより、あせも予防として日々赤ちゃんのお肌を清潔に保ってあげるようケアしてあげることです。

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

赤ちゃんの汗疹(あせも)の原因と症状と対策

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.