乳児湿疹ケアナビ > 乳児湿疹のその他関連情報 > 無添加やオーガニック、天然由来100%は乳児湿疹対策に良いの?

無添加やオーガニック、天然由来100%は乳児湿疹対策に良いの?

Pocket

最近の化粧品には無添加やオーガニック、天然由来○%と謳ったものがたくさんあります。

それらをお肌への優しさや安全性につながると考える方も多いと思います。

実際のところ、赤ちゃんのお肌のトラブルである乳児湿疹を予防するためのベビースキンケアとして無添加やオーガニックや天然由来成分の率が高い化粧品というのは良いのでしょうか?

無添加について

無添加という言葉はまさにお肌に優しそうなイメージを抱かせてくれますが、実際のところどうなのかといいますと、結局は「何の成分が無添加」かがとても重要となってきます。

無添加という言葉は便利な言葉で、
合成香料無添加、合成着色料無添加の仮に2つの無添加であっても無添加化粧品といえますし、
10種類の無添加であっても無添加化粧品なのです。

成分知識を持たない方が無添加というワードによってさぞお肌に良さそうだと思って購入して、のちに成分に詳しい方に○○が入っているよ!とか言われて、無添加って書いてあったのに…。とがっかりするケースもありますね。

無添加化粧品選びというのは、勝手に自分の中でこういった成分が使われていないはずと思い込むのではなく、自分自身が入っていて欲しくない成分が無添加となっているかをきちんと確認してから選ぶことが非常に大切です。

無添加という言葉を使っている化粧品はどんな成分が無添加なのか記載する必要がありますので、商品ラベルやパッケージ、ホームページなどで確認してみましょう!

無添加化粧品が赤ちゃんの乳児湿疹予防としての化粧品としておすすめかどうかは、どんな成分が無添加かによって大きく変わってきます。

オーガニックについて

オーガニックというのは「有機栽培の」という意味です。
そして、当然ながら植物エキスが対象になります。

有機栽培で作られたものから抽出された成分であれば、オーガニックといえるのかもしれませんが、実際にはオーガニックの認証機関にて認証を受けた成分をオーガニック成分といいます。

オーガニック認証を受けた成分がオーガニックではない成分とどう違うかというと、
品質の差です。

オーガニック認証成分はそれぞれの認証機関においての基準をクリアした成分なので、品質面において信頼ができます。

そういった意味で植物エキスたっぷりの化粧品であるならば、オーガニックであるにこしたことはありません。

ですが、先ほども申し上げたとおり、植物エキスが対象となりますので、
例えば、人の肌にも存在しているような成分で有名なセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などはオーガニックは謳えません。

オーガニックとは謳えませんが、セラミドやヒアルロン酸などの成分は多くの方に知られている有名な保湿成分でもあります。

また、オーガニックの植物由来成分といっても、たとえば、小麦アレルギーなら小麦由来成分はお肌に合わないですし、そういったアレルギーに関してはオーガニックであろうと関係ありません。

そのため、オーガニックだから安心とか安全とは一概に言いきれないわけです。

そして、もう一つ大切なのは、無添加の時と同様にオーガニック認証成分の配合数や率です。
オーガニック認証成分が1種類でもオーガニック化粧品と呼べますし、配合成分の大半がオーガニック認証成分でもオーガニック化粧品ですので、どれだけのオーガニック認証成分が使われているかは確認しておきましょう。

結論からいいますと、オーガニックの植物由来成分ではなくても赤ちゃんのお肌に優しい成分というものはたくさんありますので、安心や安全を求めてオーガニックにこだわる必要はないかと思います。

オーガニック化粧品が乳児湿疹予防のスキンケアにおすすめかどうかはこれもまたどちらとも言い切れません。

天然由来○%について

天然由来成分が99%とか100%といった化粧品も見かけます。

天然由来というのは植物エキスやオイル、馬油などの動物由来のオイルなどがあります。

よく石油由来という表現もありますが、石油も天然といえば天然ですよね。

天然由来という言葉もイメージだけで思い込むのではなく、
成分や成分の説明を見て天然由来のものを確認しておきましょう。

天然由来だからお肌に優しく、人工的に作られたものだからお肌に負担かというとそういうわけでもなく、合成成分であってもお肌に優しく安全性の高い成分はたくさんあります。

もちろん、合成成分でお肌への刺激の強いものもあります。

天然由来であっても刺激の強いものというものはありますので、
天然由来100%が赤ちゃんのお肌に優しく乳児湿疹予防におすすめであるとは言い切れません。

まとめ

上記のように「無添加」「オーガニック」「天然由来」といった言葉は
必ずしも安心安全につながるものではなく、それよりも成分一つ一つを見ていき、お肌への負担はどうか?と確認していくことが大切です。

とはいっても誰もが成分に詳しいわけではありませんので、
無添加なら何が無添加か、
オーガニックならどの成分がオーガニックで、何種類使われているのか、
天然由来ならその根拠をきちんと確認するなどして、
ご自身の基準で納得できるものを選ぶようにしましょう。

安全だと思う基準などは人それぞれ異なります。
ご自身の基準で大切な赤ちゃんのお肌に使っても大丈夫と思える化粧品を選択することが大切です。

[最終更新日]

関連記事

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

無添加やオーガニック、天然由来100%は乳児湿疹対策に良いの?

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.