乳児湿疹ケアナビ > 乳児湿疹について > 化粧品と薬の違いをしっかり把握しておきましょう!

化粧品と薬の違いをしっかり把握しておきましょう!

Pocket

乳児湿疹というお肌のトラブルの対策を考えるうえで、
大切なことなのでよく理解しておいて頂きたいことをお伝えします。

それは化粧品と塗り薬の違いです。

これらを混同していては適切な乳児湿疹対策が行えませんので、しっかりと違いを把握しておきましょう。

乳児湿疹対策における化粧品と薬の違いとは?

乳児湿疹対策には保湿ケアが大事、お肌を清潔に保つことが大事。

けっして間違ってはおらず、どちらも大事なスキンケアとなりますが、
大切なことは「乳児湿疹予防対策」という点です。

つまり、ベビースキンケアの目的は赤ちゃんのお肌を健やかな状態に保つことにより、乳児湿疹ができるのを予防しましょう!という対策となります。

一方、病院や薬局で購入する塗り薬などの医薬品というのは、
今現状できているお肌の炎症を抑えたり、痒みを抑えたりといった症状の改善を目的
としています。

わかりやすくいいますと、

・乳児湿疹ができにくいようにお肌のメンテナンスを行うのが「化粧品」
・できてしまった乳児湿疹の炎症や痒みといった症状の改善を行うのが「塗り薬」

というわけです。

この部分を誤解していて、
炎症やかゆみ対策としてベビーソープやベビーローションを使用しても改善は期待できませんし、
逆効果となる場合すらあります。

日々のベビースキンケアによって赤ちゃんのお肌を健やかに保ち、乳児湿疹予防対策を行い、できてしまった乳児湿疹は病院の医師に相談し、指示を仰いで症状の改善を優先すべきです。

ただし、お肌を清潔に保つことや保湿は大切なスキンケアですので、
医師に相談しながら、必要なスキンケアは続けてあげましょう。

痒みや痛みのある乳児湿疹は症状の改善が優先

赤ちゃんは痒みを我慢したり、痛みをこらえることはできません。

痒ければ搔きむしりますし、痛ければ泣いてしまいます。

痒くて掻いてしまうと症状は悪化しますし、痛くて泣かれた状態では満足にケアしてあげれません。
まずは痒みを抑える薬や痛みを抑えたり、炎症を抑えたりする薬で症状を改善することを優先すべきです。

そのためには医師の指示に従い適切なケアを行うことが必要です。

そして、症状が落ち着き、お肌の状態が改善した後は、
乳児湿疹予防としてのベビースキンケアによって赤ちゃんのお肌を健やかに導くためのケアを行いましょう。

ベビーソープやベビーローションを替えたら症状がおさまることがあるのはなぜ?

ベビーソープやベビーローションの口コミなどを見ていると、
今まで使っていたものから替えたら乳児湿疹が治ったという内容をよく見かけます。

薬でもないベビーソープやベビーローションという化粧品で、症状が治るというのは不思議ですよね?

誤解のないように先に言っておきますと、
そのベビーソープやベビーローションが乳児湿疹を治したわけではありません。

ベビーソープやベビーローションを違うものに替えて、症状に変化が表れた場合、
考えられる理由としては、

元々使っていたベビーソープやベビーローションがお肌への負担となっていて、それにより乳児湿疹となっていたものが、ベビーソープやベビーローションを替えたことにより、負担が減少し、乳児湿疹の原因がなくなったということではないでしょうか?

お肌への負担配合成分のお肌に合う合わない保湿力
こういった要素に変化があり、それによって乳児湿疹ができる原因となっていたものが解消されたということです。

直接症状を改善したわけではないということはしっかりと認識しておきましょう。

[最終更新日]

関連記事

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

化粧品と薬の違いをしっかり把握しておきましょう!

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.