乳児湿疹ケアナビ > 乳児湿疹ケアのポイント2【お肌の保湿】 > 乳児湿疹対策に役立つベビーローションの選び方

乳児湿疹対策に役立つベビーローションの選び方

Pocket

基本は赤ちゃんのお肌に適したベビーローション選びが大切

化粧品の役割はお肌に不足しているものを補うこと・カバーすることです。

そうすることによってお肌本来の状態に近い状態を保ち、肌トラブルからお肌を守ることができます。

細かくいうと化粧品はそれぞれ役割が分担されています。

清潔にするためにはベビーソープやベビー石鹸
保湿するためにはベビーローションやベビークリーム・ベビーオイル
といった具合に分かれています。

ベビーローションやベビークリーム・ベビーオイルもそれぞれ微妙に役割が異なっていて、
違いを分けるのは「水分と油分の割合」です。

ベビーローションは化粧水タイプと乳液タイプに分かれています。
化粧水タイプは水分量が多く、乳液タイプは水分と油分のバランス良く配合されているものが多くなっています。

そのため、現在販売されているベビーローションの多くは乳液タイプとなっています。

ベビークリームは乳液よりもさらに油分が多く、ベビーオイルは油分のみです。

基本的に赤ちゃんの日々のケアとしては、水分と油分のバランスの良い乳液タイプがおすすめです。

皮脂による乳児湿疹ができている場合などは化粧水タイプのベビーローションを使ったり、
冬場などに乾燥はひどくないけど、しっかりと潤いを閉じ込めておきたい場合は、ベビークリームやベビーオイルといった感じで、使い分けることが良いと思います。

乳児湿疹対策を行っていくうえで、
ベビーローションのような保湿スキンケア選びで最も大切なことは

赤ちゃんのお肌の特徴に合ったベビーローション

であることです。

これはベビーソープ・石鹸の選び方でもお伝えしましたが、
乳児湿疹を予防するために必要なことは「健やか肌を保つこと」です。

そして、赤ちゃんのお肌を健やかに保つためには、
赤ちゃんのお肌の特徴に適したケアを行ってあげることが必要です。

赤ちゃんのお肌の特徴については下記を参照ください。
≫赤ちゃんのお肌の特徴について

それでは、赤ちゃんのお肌に適した保湿ケアとはどのようなケアなのでしょうか?

保湿だけでなくお肌への負担を少なくすることが大切

赤ちゃんのお肌は乾燥しがちなので、しっかりと保湿ケアをおこなってあげることが大切です。

ですが、赤ちゃんのお肌の特徴を知れば、それだけではケアとして不十分だということがわかります。

赤ちゃんのお肌は大人に比べて皮膚がかなり薄くなっていますので、イメージとしては、大人の敏感肌のような感じです。皮膚の薄さが半分以下や3分の1以下とされていますので、それ以上の敏感なお肌だと思っておくくらいでちょうど良いでしょう。

乾燥からお肌を守る為に使用するベビーローションが赤ちゃんのお肌の負担となってはよくありません。

ベビーソープのような洗い流す化粧品とは違い、ベビーローションはお肌に塗りっぱなしとなりますので、お肌への優しさはとても重要です。

つまり、ベビーローションを選ぶ際には成分を見て赤ちゃんのお肌にできるかぎり負担を与えないものを選ぶことがおすすめです。

赤ちゃんのお肌への負担は乳児湿疹と大きく関わってきます。

なぜなら、乳児湿疹のような赤ちゃんのお肌のトラブルというのは健やかな状態のお肌には起こりにくいからです。

トラブル肌と健やか肌は真逆の状態ともいえます。

乳児湿疹のような肌トラブルを予防するには、赤ちゃんのお肌を健やかに保つことが一番です。

赤ちゃんのお肌を健やかに保つためには、お肌に負担をかけず、清潔を保ち、乾燥からお肌を守ってあげることが必要です。

赤ちゃんの為の保湿化粧品であるベビーローションは保湿力だけでなく、お肌への負担を考慮して選んであげましょう。

ですが、判断材料がないとお肌に優しいのかそうでないのか判断できませんね。
そのため判断材料となるポイントをご紹介しておきます。

お肌への負担を見極めるポイントは

・配合成分数
・無添加
・保湿成分

です。

配合成分数はなるべく少ない方がお肌への負担を考えるとおすすめです。
少なすぎて肝心の保湿力などが不足していても意味がありませんので、バランスも重要です。

無添加というのは基本的にお肌にとってよくない成分を指します。
良い成分なのであれば、配合した方がいいからです。わざわざ使用していないことをアピールするのはお肌にとってよくない成分だからです。

そのため、どのような成分が無添加になっているのか確認しておきましょう。
合成香料や着色料、鉱物油、シリコン、パラベンなどはよくある無添加の対象成分です。

保湿成分にもたくさんの種類があり、
植物油(ホホバオイルやオリーブオイルなど)や動物油(馬油など)、そしてセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸といったお肌にも存在している細胞間脂質や天然保湿因子と呼ばれる保湿成分などがあります。

たくさんある保湿成分の中でも、ホホバオイルや、馬油、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分は人の皮脂に似ていたり、お肌にも存在する保湿成分なので、赤ちゃんの敏感なお肌にも優しい保湿成分としておすすめです。

是非、乳児湿疹対策として、赤ちゃんのお肌を健やかに保ってあげれるよう、お肌をやさしくしっとりと保湿してくれるベビーローションを選んであげてください。

[最終更新日]

関連記事

ベビーソープおすすめランキングbest5

ベビーローションおすすめランキングbest5

乳児湿疹対策に役立つベビーローションの選び方

Copyright© 乳児湿疹ケアナビ All Rights Reserved.